ボケは、神の恵みです ボケは、神の恵みです ボケは神の恵みです ボケは、神の恵みです ボケは、神の恵みです

ボケは、神の恵みです

 

おはようございます。森灸マッサージ院の森です。

横浜は、雨時々曇り空、過ごしやすい気温になっています。

今年の夏から秋にかけて天候不順の日が多く暑かったと感じた日が少なかったかなと感じます。

 

以前,病院に勤めていた時に、担当させていただいた患者さんの言葉です。

「ボケは、神の恵みです」

当時、Nさんは、病院の特別室に入られていた100歳の裕福なご婦人でした。

 

何年も入院されていました。

私が、こんな質問をしたことがありました。

「なぜ、何年も入院されているよりも有料の特別な老人ホームにいかれたほうが、待遇もいいでしょうし、食事もおいしいものが食べられるのではないでしょうか」と聞いたことがあります。

 

Nさんは「いくらいい老人ホームにいても病気で対応できないときは、入院させられてしまうのでここにいたほうがいいよと」答えられました。

 

病状も安定されているのにと思いましたがそのような考えかともあるのかと。

また、Nさんはとても勉強熱心な方で新聞は3社も熟読し、一度聞くと職員の名前もフルネームで覚えていました。

 

そんなNさんが、ある日、「ボケは、神の恵みです」と

 

ぼけてもいないのにその言葉、年を取って自分のことができなくなった時、ぼけていたならば、恥ずかしい思いをしなくてもいいと・・・・

自分の体が人のお世話にならないと・・・

 

長い人生をおひとりで生きてきて終末期に、とてもつらい思いをされていたのかと考えさせられました。