脳梗塞後遺症 病院を退院してご自宅で静養されている方へ

病院を退院してご自宅でご静養されている方へ

脳梗塞後遺症で入院している時期は、リハビリが受けられお体の機能が回復されご自宅に退院されます。

自宅では、リハビリに通えなく入院していた時より機能が低下される方が多くいらっしゃいます。

また、リハビリが受けることができず、生活の不安を抱えながら退院されている方もいます。

訪問のリハビリマッサージをご存知でしょうか?

あまり、認識されている方は少ないと思います。 病院に通えなくてもご自宅で、リハビリ、マッサージが受けられます。

関節の拘縮予防、機能の維持、向上ができます。

国家資格を持った、マッサージ師、鍼灸マッサージ師が訪問します。

健康保険がご利用できますので低料金で定期的に訪問します。

生活保護を受給されている方の金銭負担はありません。障害者医療も適応されます。

初回、無料にて訪問マッサージを行っています。

お気軽にご相談ください。

 

                       トップへ戻る(横浜訪問マッサージ)

脳梗塞後遺症による片麻痺 このような方がご利用されています。

脳梗塞による左片麻痺のご利用者です。

 

この方は、2年ほど前に脳梗塞により左片麻痺の方です。

リハビリにより屋内での歩行ができるようになり退院されました。


リハビリを行っているデイサービスに週に3日通われ、当院の訪問リハビリマッサージを週3回、行っています。

施術を始めた時は、布団からの起き上がり動作ができなくなっていましたが、1か月後、下肢、体幹の可動域の改善とともに見守りレベルで布団からの起き上がり動作ができるようになっています。

今後の治療方針としましては、現在のADLレベルの維持、改善を目標において治療を行っています。

 

                  トップへ戻る(横浜訪問マッサージ)

脳梗塞の介護について

脳梗塞の看護においてご家族様の負担も多々あると思います

脳梗塞の看護は肉体的にも精神的にも、看護する側にはかなりのストレスと負担が強いられることと思います。
軽かるしく言えませんが、精神的ケアはもちろんのこと心配事の一つ一つが取り除かれていくことが大事だと思います。

介護されるご家族の負担を一人で負担するのではなく、介護サービス、訪問マッサージなど少しでも負担が軽減できるよう利用されればと思います。また、介護される方のストレスを発散できるような方法、場所を作っておくことも必要だと思います。

介護は、先の見えない事ですから一人で頑張りすぎないでください。

 

           戻る(横浜訪問マッサージ)

フリーダイヤル 0120−25−8899

施術中、移動中の場合は、留守番電話が応対いたします。
お手数ですが、

@お名前
A電話番号
Bご都合の良い時間帯

をお知らせください。
敏速にこちらから連絡させていただきます。

 

                戻る(横浜訪問マッサージ)