【横浜訪問マッサージ】森信彦プロフィール

はじめまして、鍼灸マッサージ師の森です。ホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

自己紹介

 

横浜で生まれ、横浜で育ち、横浜で暮らしています。

 

視力障害の両親、鍼灸マッサージ院の長男として生まれる。

 

子供のころは、人見知りで引っ込み思案でいつも人の後についていく少年でした。

少年野球のチームにも入ったことがありましたが、背が小さく、やせ形で運動神経もよくなく、いつもベンチにいるような少年でした。

 

中学、高校へ進み成績も特によくもなく悪くもなく普通な学生の過ごしかたをしていました。

ただ一つその頃、友人の間でロックバンドが流行っていて自分もエレキギターを購入し、

ビートルズ、ローリングストーンズのコピーバンドを結成し文化祭で演奏したりして楽しんでいました。

 

高校を卒業し、両親が鍼灸マッサージ院を経営していましたので何となく、鍼灸マッサージ学校へ入学、その頃は、バイクの免許を取り友達とツーリング、ウィンドサーフィンを楽しいことを優先し勉強は、二の次な生活をしていました。

それでもなんとかマッサージ師、鍼灸師の免許を取ることができ無事卒業、両親の治療院で働くことなく学校の紹介で整形外科に勤務することができました。

 

なぜ、両親の治療院で働かなかったというと今考えるといろいろな治療院、病院で経験を積みそれからでもいいかなと思っていたからです。

 

その整形外科は、マッサージの先生が8人くらいいて、年齢も私みたいに学校を卒業してからすぐの人、50、60歳の年配の経験がある方、視力障害ある方、アルバイトの学生さん、みなさんそれぞれの考えがあり、また、とても患者さんが多い整形外科でしたのでそこでは治療技術、患者さんのへの接し方といろいろと勉強させていただきました。

 

30歳のころ、鍼灸マッサージ学校の友人から、自分は、開業するので今努めている病院で私の代わりに働かないか?と紹介があり、詳しく話を聞くと

病院で理学療法室の主任として働かないかということでした。

主任といっても鍼灸マッサージの先生一人と助手がいるだけでしたが、ここでは、自分の思い通りにできると思いそこで働くことになりました。

 

仕事は、整形外科で働いていた時と同じ仕事と思っていましたが、プラスで入院患者のリハビリも行う仕事です。

 

リハビリについては、経験が少なく初めは、大変苦労をしました。

 

経験がありません、どのように進めていいのかわかりませんとは言えません。

前任者にどうしていいか聞いたり、独学でリハビリについての本を読んだりしながら

だんだんとリハビリらしきものができるようになりました。

 

だれでも仕事で覚えなくてはいけないことは、必死で勉強し覚えるものですね。

 

結局その病院で14年間働いていましたが、働いているうちに考えることがありました。

 

限られた時間の中で1日20〜25名の方々へマッサージ、機能訓練、十分な時間はとれません。

 

それでも多くの患者さまは、「楽になった」「軽くなった」「立てるようになった」「あるけるようになった」と喜んではくれたのですが、病院では入院期限があり「もう少しリハビリが続けられたら」「自宅での生活は大丈夫だろうか」「家族に迷惑がかからないだろうか」と在宅の不安を抱えながら退院されていく患者さんが数多くいました。

 

在宅でのリハビリ、自分で何かできないかと考えたとき、訪問マッサージの仕事なら役に立つことができるのでは、ないだろうかと。

 

いつかは、自分で治療院を持つという目標があり、訪問マッサージの治療院を始めるには、どうしたらよいのかと考え、訪問マッサージの会社で働けば学ぶことができると考えある大手の訪問マッサージの会社に入りました。

 

病院での給料より少なくなることを覚悟の上、勉強のためと思い勤めていましたのですが・・・、

ところが働き始めたのが夏、外回りの仕事の経験がなく暑さのため体調を崩し、何も勉強することなく退職。

 

情けない

 

 

その後、仕事を探しにハローワークに何か月も通うも年齢も40代後半なのでいい就職先は、ありません。

 

つくづく、はやる気持ちで病院を辞めたことを後悔しました。

 

それでも生活のため、働かなければいけません。

 

接骨院、整形外科と職を転々としていました。

 

その後、もっと良い仕事がないかと探していたところ老人ホームでの機能訓練指導員という仕事で正職員として働くことができました。

 

この仕事は、今までの仕事と関連することができ、とてもやりがいのある仕事です

 

老人ホームで働きながら、実家である鍼灸マッサージ院の父が高齢であり休みの日、仕事が終わった後、手伝うようになります。

 

また、別に夜遅くまで、マッサージの依頼があると自宅、ホテルへ治療に行く、トリプルワーク、休みのない毎日、こんな生活を2年ぐらい続けました。

 

この仕事を続けていくうちにある時転機が起こりました。

 

それは、短期入所の方からの依頼で個人的にマッサージを受けたいとのことでした。

 

 

今考えるとよくできたなと自分ながら感心します。

こんな生活から早く抜け出したい。

 

自分自身でチラシを作り、近所にポスティング、ホームページを自分で作るなどを行ううちに徐々に患者さんが増えてゆき、また、近所の方からの要望もありこれなら開業できると思い決断しました。

 

開業して2年になりますが、患者さんの口コミ、治療に伺っている老人ホームからの紹介、

ご近所さんからの紹介もありおかげさまで順調に経営できるようになっています。

 

ここまでできたのも、患者さんを紹介してくれた近所の方、介護関係の方、また、わたしを支えてくれた家族おかげです。

感謝します。

 

日々、努力、精進して患者さん、ご家族のために奉仕の精神でこの仕事に取り組んでいきたいと思います。

 

長い紹介文読んでいただきありがとうございました。

 

 

 ■職務経歴

昭和36年  神奈川県横浜市生まれ

昭和59年  湘南鍼灸マッサージ学校(現:湘南医療福祉専門学校)卒業

昭和59年  整形外科(マッサージ・リハビリ施術)

平成 3年   横浜市内の病院(マッサージ・リハビリ施術)

平成18年   横浜市内の老人ホーム(マッサージ・リハビリ施術、リハビリ計画書作成・管理、営業等)

平成22年  森鍼灸マッサージ院開業
 

【横浜訪問マッサージ】森信彦講演.JPG

 「家庭でできるマッサージの行い方」「訪問マッサージの説明会」など随時、受け付けていますのでご気軽にお問い合わせください。

 

                  トップページに戻る(横浜訪問マッサージ)

資格免許

・あん摩、指圧、マッサージ師免許

・鍼師免許

・灸師免許

・介護予防訓練指導員