経絡治療の指標

sikitaihyou.jpg

今日の科学思想がない時代、多くの経験事実を組織立てる時の当時の思想を取り入れました。中国の何千年前かわからない時代に発生して以来、治効だけを目的とし多くの経験を、当時の自然哲学思想の陰陽五行説によって関係づけ、意味づけをなし、そして一貫した医療体系
に組織立てられたのが経絡治療です。この表は、五臓の色体表と言います、東洋医学の問診に使われる項目を
示しています。
左から五臓、五腑と並んでいます。五臓では、肝、心、脾、肺、腎、五腑では、胆、小腸、胃、大腸、膀胱となっていまして五臓は陰、腑は陽の関係となっています.
五行は、木、火、土、金、水となっており、皆様はこれを見てどう思いますか?何かカレンダーの曜日のことかなと考えてしますが、いいえ違います。
母子関係と言いまして上から木は火を生み、火は燃え尽きると土を生み、土は積み重なると山となり山から金を生みだし山から水が流れ、水は木を育てる。という法則です。

五色とは、おもに病気の時の顔色、皮膚の色を見ます。
五味とは味の好み、または極端に嫌いなもの。五志とは性格、またはその時の精神状態。一つ飛ばして五香は、病気の時の臭い、体臭です。五声は、病気の時に出す声。五液は、涙、汗、よだれなど病気になると出やすいものです。
東洋医学では、「病は気から」という諺にあるように病因を外感(自然災害などで侵される)と内傷(個人の精神的要因)に分かれています。内傷の中で5情の過不足という心理的内乱をおこす
と病気に発展すると古代中国人は考えました。

まさに心理的ストレスが内在する自然治癒力まで蝕み、臓腑に負担をかけるのだろうと考えられます。
私たち鍼灸師は、五行の診察法にもとずいて五臓五腑のどの経絡が弱まっているか、または強くなりすぎているか調べ、その経絡にそって鍼灸を行うための指標としています。

      戻る(横浜訪問マッサージ)