訪問マッサージのご説明

訪問マッサージは、まだ社会的に認知度が低く、介護事業者、ご利用者様のためにもご案内をさせていただきます。

 

訪問マッサージとは、身体にしびれや麻痺・関節拘縮などの症状があり、自力での歩行通院が困難な方や在宅で療養されている方を対象とした、あん摩マッサージ指圧師の国家資格保持者が行うマッサージのことを言います。 

 

マッサージと運動法を用いて、筋力の維持と強化、関節拘縮の進行予防と改善、痺れた筋肉の現状維持、むくみの改善、血行不良の改善などの介護予防の効果も期待でき、医療保険の負担割合でマッサージを受ける事が出来ます。 

 

介護保険を利用されている方のリハビリメニューは頻度が少なく、また介護プランにも組み込まれ難い現状の中で、健康保険を利用した訪問マッサージの保健医療は、介護プランを圧迫することなくマッサージを中心としたリハビリメニューも組めるため利用者には利便性が高いと思われます。

 

今後、脳血管疾患等に伴う慢性期・維持期の患者が平成19年には平成14年と比較して150%となっており、病院等のリハビリを必要とする患者が入院後数年で対応出来なくなる中で、訪問マッサージでは、自宅でのリハビリメニューを含めた治療が行えます。

 

今後の高齢者向けサービス需要の中で最もインフラが整備されていないのが在宅での慢性期(いわゆる寝たきり)患者の身体能力ケアの問題です。

 

 理学療法士の担当する部分は急性期に偏り、慢性期患者はこれからも増加する事態が想像されるにもかかわらず、この部分は完全に空白が出来ています。 

 

このような現状が予測される中、地域に根差した在宅サービスとして地域の医療・介護機関と連携を計り、利用者に対してADL(日常生活活動)のレベルアップを目標に努めていきたいと考え開業に至りました。

   

森鍼灸マッサージ院が提供するサービスは、健康保険に加入の方で、往診を必要とする方々のお宅や老人ホームに伺い、ご利用者様1人ひとりに合わせた在宅で安心して受けられる医療サービスです。

 

サービスを受けられる利用者様の主治医の同意のもと、連携して行いますので、個人の体調や症状に合わせたサービスが可能になります。

 

主な対象者・関節拘縮により歩行が困難な方・身体に麻痺のある方(脳血管障害等の後遺症)・寝きり状態の方・車いす使用の方  期待できる効果として関節拘縮の予防と改善・筋力の維持・ 強化・麻痺した筋肉の血行促進・上下肢の関節可動域の拡大  

 

 「医療保険」が適用されるため、本人負担はわずか医療機関の健康保険で支払われている自己負担額と基本的に同じです。(お持ちの各種健康保険によってかわります)重度心身障害者医療費助成制度にも適用されます。

 

医療保険適用のため、利用者様の経済的負担が少なく、継続的アプローチすることでの満足感を感じてもらえます。

 

「国家資格」の保持者が施術するため安心国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」「鍼灸師」の資格保持のため、利用者様の症状に合わせたサービス提供が可能です。

 

 「予防介護」にも効果的本人の自立を促し、介護者負担の軽減を目指す予防介護。

その精神に基づき、介護を必要とする方の筋力・関節の柔軟性の維持や関節拘縮・麻痺・運動機能 障害に対して、残存機能の維持・改善が可能となります。

 

保険診療・自由診療として鍼・お灸などの「鍼灸サービス」提供も可能利用者様のご希望に応じて鍼灸サービスを提供することにより、より利用者様の症状に合わせたサービス提供が可能となります。

  

この訪問マッサージは、効果の高さや継続して出来るといったことで自宅での患者様も施設にいらっしゃる患者様の満足度が非常に高く、本当にリハビリやマッサージを必要としている方が多くいらっしゃることを感じます。

ご担当されているご利用者様にも是非、訪問マッサージをお試しいただきたくご案内させていただきました。

 

                     トップページに戻る(横浜訪問マッサージ)